還暦

老人

人生における一つの節目

還暦は60歳(数え年で61歳)を迎えた時に行う行事です。
日本では奈良時代から40歳を迎えた歳から10歳ごとに、それぞれお祝いごとをしていました。
その中でも還暦という行事は室町時代から浸透しはじめたものです。

還暦が60歳という年齢で付けられた理由としては、干支が5巡し60通りの年月を費やしたからと言われています。
かつては60歳を迎える前に亡くなることが多かったのですが、平均寿命が延びた現代では多くの方々が還暦のお祝いといった親孝行を受けられています。

ですが、最近の家庭では核家族化ということもあり、なかなか盛大に還暦のお祝いをするシーンも減りつつあります。
とくにご両親が遠方に住んでいたり、それぞれのお子さんがひとり立ちをして、それぞれ家庭を持てばなおさらです。

どんなしきたりがあるのか

還暦を迎えた人は赤ちゃんへ一度戻るという意味を込め、赤いちゃんちゃんこを着るしきたりがあります。
これはみなさんもよくご存知のことではないでしょうか?

それ以外にも実は食品や衣類といった贈り物を合わせてプレゼントすることも多いのです。
また赤いちゃんちゃんこは男性の厄年を振り払う意味も込められていて、厄払いとお祝いを兼ねたイベントだ、とも伝えられています。

どんなものを贈るべきか

還暦の際に贈るものは、なるべく本人が愛用できるものを選ぶことが大切だと思います。
あまり派手な物を贈らず、普段でも使えるものがよいのではないでしょうか。
こうして普段どんなものを使っているんだろう? ですとか、どんなものがいいのかな? と考えてあげる時間をもつことも立派な親孝行だといえそうです。

また食品に関しても得意・苦手なものをあらかじめ聞いておくのも重要です。
年齢ごとに食べられるものは変わっていくので、昔は食べられても今は無理、という事も多いですしね。
なにより「最近どんな食べ物が好みなの?」ですとか、「普段どんな食事を取ってるの?」といったコミュニケーションをとることができるので、こういった些細な会話も親孝行といえそうですよね。

孫の顔を見せる

同居して生活していない家庭では還暦を迎えた時こそお孫さんの顔を見せてあげましょう。
日頃の感謝の気持ちを家族全員で伝えれば、より良い時間が過ごせ、思いでもひとしおなはずです。

息子・娘のプレゼントも大切ではありますが、お孫さんからもらうプレゼントはさらに喜びが増すものです。
お孫さんが描いた似顔絵や、写真アルバムなども手軽で喜ばれるアイテムです。

人生の大きな節目の還暦に、自分が手塩にかけて育てた子供の孫から贈られる贈り物。
これがどんなにすばらしいものか…ぜひみなさんもいろいろな創意工夫を凝らしてお祝いをしてあげてくださいね。
きっと喜ばれ、人生で大きな親孝行を成し遂げられるはずですよ。