米寿とは?

米寿、88歳というおめでたいお祝い

80歳を超える平均寿命となった日本は、世界屈指の長寿大国と呼ばれています。
江戸時代などは平均寿命が45歳くらいだったといいますので、それから比較するとかなりの長寿となったことがわかります。
飛躍的に進んだ医療技術、また食事も安定し食べ物に困らない時代だからこそ、この80歳以上という平均寿命となったのでしょう。

生きることが難しかった昔の日本では、長生きできることは非常におめでたい事でした。
今でも長寿の祝いを行いますが、昔行われていた長寿の祝いは今よりもずっと意味あるもので稀な物でした。

60歳の還暦祝いから古希、喜寿、傘寿と続き、88歳になると米寿の祝いです。
120歳まであるというこの日本古来の長寿の祝い、現代でもしっかり受け継ぎ長く家族を見守ってくれることに感謝しなければなりません。

長寿祝いは中国から伝わった

長寿祝いといえば60歳の還暦祝い、赤いちゃんちゃんこを贈る祝いを思い出しますが、今の60代はすこぶる元気、働いているという人も多いので、長寿の祝いというとピンとこない所もあります。

長寿祝いは中国から伝わったとされています。
中国では唐の時代、40歳から10年ごとに長寿祝いを行うという風習があり、これは賀寿と呼ばれていました。
中国でも当時、40歳以降まで生きるという事がとても大変な事だったのでしょう。

還暦祝いなどの長寿祝いが行われるようになった室町時代は平均的に30歳までになくなる方が多かったといいますので、当時、60歳まで生きることが出来たというのは本当にすごい事だったのでしょう。

なぜ米寿と呼ばれるのか

88歳の長寿の祝い、この祝いが米寿祝いと呼ばれます。
なぜ米寿というのかというと、88という数字は漢字に書きなおすと八十八です。
この文字を組み合わせると米という文字を作る事が出来ます。
そのため88歳の祝いを米寿と呼ぶようになったといわれています。

中国から伝わった長寿祝いですが、中国の場合、40歳以降、10年ごとに長寿祝いを行うというもので、77歳、88歳などの喜寿、米寿などは日本独特の長寿祝いです。
室町時代から定着したといわれます。

八という数字は末広がりで縁起がいいとされる数字です。
八が二つ重なる88歳は、縁起のいい祝いという事もあるのでしょう。

どのようにしてお祝いするか

88歳ともなると誰もがどこか体に不調なところがあったり、体調を崩しやすい年齢です。
そのため、祝だからと無理に外出させたり、料亭やレストランで長い時間過ごしてもらうというのはきつい、という事もあるでしょう。

ご本人の体調がいい時に、家族や親類などが集まり自宅で祝うという方が負担も少なく、孫やひ孫、長くあっていなかった親類などにゆっくり会う事も出来、喜ばれるのではないでしょうか。

お身体が元気という事なら、家族で温泉旅行に行ってもいいですし、贈り物としてはご家族がみんなで集まった集合写真やアルバムなどが喜ばれます。
お誕生日に調子が悪いという時などは、敬老の日などを選んで行ってもいいですし、特にいつ行うものという決まりはないので、何よりご本人の負担が少ない事を念頭に祝いを行いましょう。