親の結婚記念日

お祝いの気持ちを込めたい親の結婚記念日

親御さんの結婚記念日、毎年何かしているという方もいるでしょうし、全く何もしていないという方もいるでしょう。
年齢が高い男性ほど、結婚記念日に奥様へ何か贈り物をするという事も、お祝いの食事に行くという事も照れくさくて出来ないという事もあります。
いまさら結婚記念日もねぇ…と何もしないご両親へ、結婚記念日の際、お祝いの何かをしてみてはいかがでしょうか。

子供にとっても両親の結婚記念日というのは誇らしい事ですし、感謝の気持ちを感じる時です。
色々な事がありながらも、子どもにどんなにお金がかかっても夫婦二人で協力してきてくれたからこそ、今のあなたがいます。
その苦労をねぎらう、感謝の気持ちを込めるという意味で、ご両親への親孝行として、毛混記念日のお祝いを考えてみましょう。

お祝いのメッセージカード、手紙は一緒心に残るもの

今まで両親の結婚記念日に何もしてこなかったという方なら、まずこれまでの感謝の気持ちを手紙にしてみるというのもいいでしょう。
両親が揃って健康に過ごしてくれたこと、仕事を一生懸命に頑張ってくれたからここまで成長してこれたこと、これからもずっと仲良く健康に気を配って過ごしてほしいことなど、心に思いつく感謝の気持ちを文章にしてみましょう。

直接気持ちを伝えることが何よりですが、親子ですから気恥ずかしいという気持の方が先に立つでしょう。
文章にする方が素直な気持ちを率直に伝えることができるという事もあります。
手紙が気恥ずかしいという方は、メッセージカードでもいいので気持ちを伝えるという事はご両親にとってとてもうれしい贈り物となるはずです。

プレゼントを贈るのなら何がいい?

結婚記念日に何か贈り物をするとしたら何がいいのか、ご家族の状況やご両親の健康状態などにもよりますが、旅行や食事券などを贈るという方も多いです。
温泉旅行等、のんびりと夫婦二人で楽しめる宿泊旅行でもいいですし、陶芸を楽しむ日帰り旅行などもすてきです。

記念となるものを贈りたいという事なら、ペアのお箸などもいいですし、これから先健康でいてほしいという願いを込めて質の高い寝具などを贈ってもいいでしょう。
マッサージチェアなども少々値が張りますが、贈ると喜ばれます。

話を聞くだけでも親孝行になります

親子で会話が少なくなっている、遠方にいるという事なら、たまに帰宅した時等、両親がどうやってであったのか、結婚式はどんな感じだったのか、どちらから結婚しようといったのか、など、結婚に関するエピソードなどを聞いてみるのもいいでしょう。

両親が出会い結婚されたからこそ、今のあなたが存在するわけで、その元となった出会いの事等を聞くと、家族としてきずなも深まるでしょう。