旅行に連れていく

旅行

日頃の感謝を旅行という形で

日頃の感謝を形として贈るのってなかなか難しいことです。
せっかく贈っても気に入ってくれなかったらどうしようとか・・・なかなか悩んでしまいそうです。
そういった場合にどんな人でも喜んでくれる「旅行」というプレゼントも候補にしてみてはどうでしょうか。

親孝行として残りの人生をより満喫してもらうために、いろいろなプランを練る楽しみもあります。
旅行の計画といえばなんだかワクワクするものですが、どんな場所が喜んでくれるかな?ですとか、そういえばあの時ここに行ってみたいとか言っていたなと思いをめぐらせて楽しく計画することができそうです。

サプライズ的な演出も考えるのであれば当日の周辺のスケジュール管理もしっかりしておきましょう。
とくにお父さんがまだお勤めの場合は、重要な仕事とのバッティングをさけるためにも、事前にしっかりと調整ができない限り、サプライズでの演出は控えたほうがよいかもしれません。

夫婦水入らずの旅行

また、ご自身も一緒に行く計画ではなく、夫婦水入らずの旅行プランをプレゼントするのもおすすめです。
普段とはまた違った環境で、ゆっくりと骨休めをしてもらうためにも、どんな場所がいいのか、こっそりと考えてあげましょう。

こういったパターンでやっぱり真っ先に思いつくのが二人でのんびりと回れる場所として、温泉地や高原といった場所が人気なのではないでしょうか。
旅行の計画と合わせて、各地でどんなものが食べられるのかも調べて、それがご両親の好物であるならばなおさらベストです。

家族みんなで旅行

さらに大々的にプレゼントするのであれば、自分も含め、自分の子供(ご両親にとってはお孫さん)など、家族全体で旅行に行く計画を練ってみるのもよいでしょう。
勤めている人が多い家庭ではなかなかスケジューリングが難しいかもしれませんが、その分こういった大きな旅行計画を実行する際にはより濃密な思い出や時間がすごせます。

また逆にみんなで非常に遠くへ行くよりも近場の場所へ旅行に行くこともメリットが大きいと言えます。
スケジューリングも楽ですし、なにより移動疲れも少ないです。
ドライブがてら1~2時間程度で行ける観光地に行くだけで、十分な親孝行に繋がるのではないでしょうか。

国内だけではなく海外の旅行も

さらにそういった近場や国内の少し遠い観光地への旅行ではなく、思い切って海外旅行のプレゼントをする親孝行もおすすめです。
今まで海外へ行った事がない、という事であればさらに喜ばれるかもしれません。

ただ、海外旅行はかなりエネルギーを使うものですし、国内と違っていろいろな危険もあります。
あらかじめ安全な場所で旅行ができるよう、旅行会社との打ち合わせも念入りにして、いかにご両親が快適に楽しめるかを念頭においてしっかり計画してあげましょう。